さぼてん食堂のさぼってへんよ。

大阪肥後橋のカレー専門店さぼてん食堂のブログ

「浪漫の塊、豆」

こんにちは!さぼてん食堂の丁稚です。

最近とても興味深い本を買いました。

著者長谷川 清美さんの

『日本の豆ハンドブック』

です。

f:id:sanamitaro:20200222101116j:image

主な掲載内容は

「日本各地の名人が長い時間をかけ作り続けてきた豆」

を紹介したもので、掲載された豆の数は185種類。

数の多さに軽いカルチャーショックを受けながらもその中でも特に気になった豆がありました。

「90才さや豆」

f:id:sanamitaro:20200222101103j:image

90代の男性の方が数十年かけ作り続けた豆らしいです。

どんなストーリーがあったのかは分かりませんが、ここまで豆作りに情熱をかけれるのは凄いとロマンを感じました。

著者の長谷川 清美さんは北海道で豆や穀物の卸を営む「べにや長谷川商店」の経営者の方で地豆を使った郷土料理やその豆を育んだ人や土地の魅力を伝えることをライフワークとされている方です。

そんな方が書かれた本なので、美味しい食べ方も一つ一つ豆ごとに掲載してあり凄く勉強になりました。

これからこの本で勉強し、よりお豆に敬意を払い、もっと美味しい豆のカレーを作れるように勤しみます!

3月は過去一番の大人気カレー、再び!!

肥後橋のカレー専門店さぼてん食堂、店主森川です。

このところ急に春めいてまいりましたが、皆さまどうお過ごしでしょうか?

今年こそは大阪城大阪天満宮梅の花見に行きたいと思いつつ毎日カレー漬けの生活を送っております。

さて、3月の月替りメニューについてですが、新作は間に合いませんでした!

はい、いつもならリザーバーのほうれん草カレーなのですが、今回は旬の牡蠣を使ったあのカレーです。

 

3月の月替りメニューは

「ほうれん草と牡蠣のキーマカレー

1190円(税込)

です。

f:id:sanamitaro:20200221222109j:image

オイル漬けにした牡蠣ペースト状にしたほうれん草を荒めにほぐした牡蠣を使って風味豊かに仕上げたキーマカレーです。

牡蠣のオイル漬け

牡蠣のキーマカレー

牡蠣のソース

それぞれ風味の異なる3種類の牡蠣を副菜と混ぜていただく事で更に美味しくなります。

旬の牡蠣を使ったさぼてん食堂のいちおしカレーを是非この機会にご賞味ください!



 

新しい仲間?が増えました!

肥後橋のカレー専門店、さぼてん食堂店主森川です。

桃の節句も間近となり長かった冬も終わろうとしていますが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?僕は毎日カレーを食べているおかげかわかりませんが、なんとか風邪もひかず元気にやっております。

さて、前置きが長くなりましたが、この度さぼてん食堂に新しい仲間が増えました。

 

パナソニック製のミキサーです!

f:id:sanamitaro:20200216211400j:image


ミルとしても使える一人二役のめっちゃ優れモノ!!これでスパイスを挽くのもスパイスオイルを作るのも今までと比べものにならないくらい捗る事間違いなしです。

長いこと愛用していたプロセッサーは、福岡でカレー屋をしていた時からなんと10年以上も働いてくれました。

これからも美味しいカレーを作る為に、時には機械の力を借りながら全力で取り組みたいと思っていますので、応援を宜しくお願いします。

北新地の渡邊カリーさんのココナッツオイル使いは凄い!

こんにちは!肥後橋のカレー専門店、さぼてん食堂の丁稚です。

先日の仕事帰りに、嫁と北新地の渡邊カリーさんにカレーを食べに行って来ました!

f:id:sanamitaro:20200208101818j:image

僕は黒カリー(イカスミを使ったポークキーマ)

嫁は人気No.1のスパイスとんかつカリー

を注文しました。

f:id:sanamitaro:20200208101831j:image

黒カリーは、豚のコクとイカスミ特有のほんのり甘みのあるコクが相性良く、生レモンを絞るとアクセントになり凄く美味しかったです!

f:id:sanamitaro:20200208101842j:image

スパイスとんかつカリーは、ココナッツオイルを使いサラサラなソースが食べ易かったのが印象的でした。

とんかつは厚く、かつ脂味もしつこくさが無く一口サイズにカットされ食べ易かったです。カレーソースも出汁、スパイス、野菜の旨味のバランスが良く、後から追ってくるココナッツオイルの味が最高

f:id:sanamitaro:20200208101914j:image

今までのココナッツオイルの印象を覆すぐらい

『美味しい』

と思った出会いでした。

この美味しいという記憶をしっかり覚え、これからのカレー作りに活かそうと思います!

渡邊カリーさん、ご馳走様でした!!

なんだかんだと、やれば出来ると幾星霜。

こんにちは、肥後橋のカレー店さぼてん食堂の番頭です。

一月もあっという間に過ぎ去り、今年も残すところ330日あまりです。昨年も一年がまさに矢の如く過ぎ去ってしまいましたので、今年こそじっくりと日々を過ごしたいものです。

 

さて

 

ここ最近、店主森川も丁稚もブログやインスタグラムにやっと興味が出てきたようで更新が増えております。せっかくお店から皆様へ発信出来るツールがあるのですから自分が何を考えてこのメニューを作っているだとか、こんな趣味があるのです的な話題をご提供せねばもったいないです。

 

 

話はまるっと変わるのですが、今度さぼてん食堂のTシャツを作成する可能性が出て参りまして、丁稚から

 

「久しぶりに何か描いてみてください」

 

て、言われたので5年振りくらいに描いてみました。

f:id:sanamitaro:20200203225633j:image

さぼてん食堂のオープンクローズのカードに描いてある体操座りのさぼてんやメニューに描いてあるさぼてんは全部番頭が描いているのです。

マークとか店舗ロゴはデザイナーさんにお願いしましたが、立ち上げ当初は予算もなく、スケッチブックにクレヨンでひたすら描いてキャプチャーしてデータにしてあれこれと使っておりました。

正直、絵を描いたりはあまり好きではないのでイラストを描くのはほんとに苦手なのですが、やってたらなんだかんだと形にはなってくるもので、それなりに「ぽい」のが描けるようになりました。

苦手だろうとやりたくなかろうと、それが必要であればなんとかなるものなのですね。

 

これからもなんだかんだとそれなりにあれこれしていきたいものです。はい。

 

 

 

 

あの頃の看板とメニュー表

肥後橋のカレー専門店さぼてん食堂の店主森川です。

暦の上では春とはいえ、まだまだ寒い日が続いており、早朝の身を切るような冷たい風が原付通勤にはこたえます。早く暖かくならないかと春の訪れを待ちわびている今日この頃です。

さて、話は全く変わりますがこのあいだ部屋を整理していましたら懐かしいモノが出てきました。福岡でカレー屋をやっていたころの入口看板とメニューです。

f:id:sanamitaro:20200202224140j:image

脱サラでカレー屋を始めたので、とにかくお金を節約する為に全てが手作り。看板もメニューも壁や内装も完全DIY。内装は全く分からないので、ペンキの塗り方や壁紙の貼り方をホームセンターの店員さんに相談し

 

「とにかくやってみる!」

 

の繰り返し。

 

店内を店らしく整える為に店に来てはノコギリやトンカチを使い、慣れない大工仕事の日々。大工仕事が終わり家に帰ると朝までカレーの試作をしたりと、今考えると若さに任せて無茶苦茶な事をしていました。

僕がカレー屋を始めてもう10年が経ちました。時間が経つのは本当にあっという間です。看板とメニューは初心を思い出す良いきっかけになりました。

これからもカレー道追求に頑張ります!

 

丁稚です、二月の新作豆カレー完成しました!

んにちは!肥後橋のカレー専門店、さぼてん食堂の丁稚です。

僕が作る新作豆カレーが完成しました!

2月1日(土)〜2月29日(土)

期間限定メニュー

「お豆と鶏のカレー チキンコンフィのせ」

             1000円(税込)

f:id:sanamitaro:20200128224614j:image

今回のカレーは

「お豆を使って鶏の旨味を引き立てる事」

をテーマにしました。

僕は豆が大好きで去年一年間、全てのカレーに豆を使い、様々な

「お豆のカレー」

を作り続けて来ました。


そのカレーは当然ですがお豆が主役でした。

ある日

「豆を一つの具材」

と考えるより

「出汁をとる素材」

にしたらまた新しいお豆の可能性を見つける事が出来るのではないか?

と、思い立ちました。

そこから試行錯誤を繰り返し、今まで試した事の無いものを組み合わせてみた結果、一番美味しいと感じたのが

「お豆と鶏」

この組み合わせで今回のカレーソースを完成させました。

お客様に満足して頂ける味に仕上がりましたので、是非お召し上がりください!


お待ちしております!

f:id:sanamitaro:20200128224621j:image